学校案内で必ず載せておきたいこと

“少子化が問題視されることになってきている現在、それに比例するように学生の数も減少を続けています。
義務教育制度のなっている小中学校は、その学校数が問題とされ、高等学校や大学、また専門学校などは学校を維持していくだけの生徒数を確保する為に苦労しているのが現状なのです。
そんな学校の魅力を多くの進学予定者に伝える手段として、最近ではインターネットなどでの募集も多く用いられ、学校の特色や教育方針などを書き記した学校案内は、知名度を上げることに大きな効果を上げています。
しかし、同じ学校案内でも、学校案内デザインによっては、学校名はともかく、特徴や魅力などを伝える事も難しくなってしまい、作っただけで終わってしまう事も考えられます。
効果的な学校案内デザインとはどのようなものでしょうか。
まず、教育理念や教育方針などがしっかりと書かれていること。
そして、教育に携わる職員の体制も重要ですし、卒業生の進路など、進学希望者の将来にとって重要な事柄は必ず載せておきたい事柄です。
また、日々の生活や学校行事、そしてクラブ活動などの課外授業に至るまで、進学を希望する生徒達にとって知りたい情報は非常に多いものです。
良い学校案内デザインとは、それらの情報を出来るだけ詳細に、そして、判りやすくまとめられたものなのです。
学校案内を作成する場合、進学希望者の求める情報と、学校のアピールしたいポイントをバランス良く載せておく事が、将来の生徒数の増加に結びつくのです。”

学校案内のデザイン作成で一番重要なこととは

“学校案内デザインで一番重要なこととは、見やすく分かりやすいことです。
進学する学校の選択は時間をかけて行われるので、他の学校案内と見比べられても遜色がない内容としなければいけません。
現在では、インターネットで情報収集をすることが一般的ですが、学校選びにおいては学校案内を重視する傾向にあります。

学校の特徴をアピールする為には、多くの方に注目されるオリジナリティの高い表紙や、大きな文字によるキャッチコピーなどが有効です。
プロのカメラマンに撮影してもらった写真を掲載することでも、受験生に対する訴求力を高められます。
また、学校生活のモデルケースとして、短編漫画やイラストを掲載しているところも見られます。

具体的なカリキュラムを長々と書くのは逆効果であり、少し読んでみただけで理解できるぐらいの分かりやすさが求められます。
この学校をもっとよく知りたいと感じさせることが学校案内デザインの目的だから、受験生が共感するようなレイアウトを心がけましょう。
学校見学を随時受け付けているのならば、それを全面的にアピールすることも効果的です。

学校の将来を大きく左右する学校案内デザインだけに、担当者と直接話し合える制作会社が人気です。
何度も打ち合わせをする必要があるので、親身になって対応してくれるところを選びましょう。
その学校での生活をイメージできる学校案内にする為には、様々な企画を提案してくれる制作会社の協力が欠かせません。”

学校案内で使う地図デザインの作成方法

“学校案内デザインを行う際、学校の立地の良さなどを説明するために必要となるのが地図でしょう。もしweb上であれば有名な地図埋め込みサイトが有りますのでそちらを使えばいいのですが、印刷物となる学校案内の場合はそのまま地図サイトの画像を持ってくると、様々な権利を侵害してしまう可能性があります。
このため、学校案内デザインの場合はある程度整理され分かりやすい画像が必要になりますが、一般的にはそのような画像をすぐに準備できることはありません。
作成の際、まずはどこに何があるかを把握しておきましょう。
実際の作成の時には、このような情報を元に作っていきます。学校案内デザインの大体のデザイン傾向に沿いながら、同時に分かりやすい画像を作っていくのです。
この時に大事なのが、どこに何があるかを明確にすることです。立地の良さを明確にするとか、駅からの生き方をわかりやすくするなども出来ます。周辺にどのような建物があるのか、角に目印になるような建物があるのか、なども書いておきましょう。道順を示す場合は、矢印などで道筋を書いておいてもいいかもしれません。また、近いところだけ詳しく書くことも可能になります。
作るときに大体のところで行うのがグラフィックソフトウェアを使ったものになります。イラスト風のものもあれば、画像を使った写真風のものもあります。グラフィックソフトウェアで作ることにより、印刷物にもキレイに印刷できる物が作れます。”